タブレットで電子書籍を読む理由5選。スマホや紙の本では不十分!

PR

タブレットで電子書籍を読む理由5選。スマホや紙の本では不十分!

あなたは電子書籍を読むとき、どんなデバイスを使っていますか?
スマホや紙の本は手軽で便利ですが、実は電子書籍の魅力を最大限に引き出せていないかもしれません。
私も以前は紙の本やスマホで電子書籍を読んでいましたが、いくつかの問題に直面しました。
スマホでは画面が小さくて文字が読みにくいし、紙の本では重くて持ち運びにくいですよね。
それに、フォントサイズの変更ができない書籍や見開きで読みたい漫画もあります。
そんなとき、タブレットがあればどうでしょうか?
タブレットは電子書籍を読むのに最適なデバイスです。 画面が大きくて見やすいし、軽くて持ち運びやすいです。
さらに、タブレットには電子書籍を読むのに便利な機能がたくさんあります。

  • スマホと違い、フォントサイズの変更が出来なくても読みやすい。
  • 紙と違い、暗いところでも読める。
  • タブレットに入れておけば、好きな本を何冊も持ち運べる。

など、少し思いつくだけでもこれだけのメリットがあります。
この記事では、電子書籍にはタブレットをオススメする理由をメリットとデメリットを含めて紹介しますので、電子書籍のためにタブレットを導入するかどうかを判断するのに役立ちます。
私はタブレットで電子書籍を読むようになって、読書の楽しさや効率が格段にアップしました。
ぜひ、この記事を読んで、タブレットで電子書籍を読むという新しい読書スタイルを始めましょう!

この記事のポイント

  • タブレットは見開きページも含めて読書が快適
  • フォントサイズや背景の調整が可能
  • 通知機能をオフにして集中できる
  • 多くの本を保存して持ち運びやすい
  • 電子書籍のみならず、動画視聴やブラウジングも可能
  • サイズと重さにより外出時に持ち運びにくい
  • 新品価格での電子書籍購入とタブレット導入コストが必要

タブレットで電子書籍を読むメリット(理由)

タブレットの特徴は大きな画面です。
その大きな画面から得られるメリットのいくつかは想像がつくかと思います。
私が実際に使用していてタブレット

通勤時にスマホで漫画を読むのも良いですが、自宅でリラックスして読書を楽しむには、タブレットが適しているでしょう。
その理由をいくつか紹介しますので、読書環境の改善を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

電子書籍をタブレットで読むメリット(理由)

  • 漫画が見開きでもスマートフォン以上の大きさ
  • 文字サイズが変えられない本も読みやすい
  • 通知で読書の邪魔をされない
  • どれだけ本を購入しても置き場所に困らない
  • 電子書籍だけではなく動画視聴やブラウジングも楽しめる

漫画が見開きでもスマートフォン以上の大きさ

スマートフォンで漫画を読む際、見開きページが読みにくく感じることはありませんか?
タブレットならその心配がありません。
タブレットの広い画面は、見開きページの全体を単行本と同等のサイズで表示します。
細部まで丁寧に描かれた背景も、キャラクターの表情の微妙な変化も、タブレットならばきちんと楽しむことができるのです。
出先で読む時のスマートフォンとは異なり、自宅ではタブレットで漫画の世界に没頭することが可能です。

文字サイズが変えられない本も読みやすい

電子書籍は紙の本と違い、文字サイズ(フォントサイズ)を変更することで、小さい文字でも快適に読むことができます。
電子書籍には文字サイズを変更することができないものがありますが、タブレットでは拡大しなくても快適に読むことができるでしょう。
老眼や視力の問題で小さい文字が読みづらい方でも、タブレットならば大きな画面で読書を楽しむことができます。

あかたん
あかたん

ビジネス書とか雑誌はタブレットじゃないと読みにくいものが多かったよ

通知で読書の邪魔をされない

読書中にSNSやメールの通知で集中が途切れるのは、非常に厄介です。
タブレットは電子書籍専用にすることで、他のアプリからの通知を完全に遮断できます。
スマートフォンでは、通知をオフにしても、電話やメッセージなどの重要な連絡が逃せないため、気になってしまうことがあります。
タブレットなら、読書に集中できる環境を作れるのです。

どれだけ本を購入しても置き場所に困らない

本棚がいっぱいになる心配は、電子書籍なら無用です。
一台のタブレットで、何百冊もの本を保管可能。
趣味の漫画も学びのための専門書も、場所を選ばず一箇所に集約できるため、管理も楽々です。
スマートフォンでも電子書籍の保管はできますが、大容量のデータも扱いやすいタブレットなら、膨大なコレクションもスムーズに管理できるでしょう。

あおたん
あおたん

本棚のスペースを考えなくて良くなったよ

電子書籍だけではなく動画視聴やブラウジングも楽しめる

長時間の読書に疲れたら、タブレットの大画面で動画を見て気分転換はいかがでしょうか。
クリアな画質と豊かなサウンドで、映画やドラマ、動画コンテンツを楽しめます。
スマートフォンでも動画視聴は可能ですが、タブレットの大きな画面であれば、より快適な動画視聴時間が得られるはずです。
電子書籍とエンターテインメント、二つの楽しみを一台で提供するタブレットは、読書の合間に最適な休憩を与えてくれます。

動画視聴にはNetflixも高画質視聴可能な機種がオススメです。
»【2023年度版】Netflixの高画質再生ができるWidevine L1のタブレット4選

タブレットで電子書籍を読むデメリット(注意点)

タブレットで電子書籍を読むメリットは多いが、デメリットも存在します。
デメリットを詳しく見ていきましょう。

電子書籍をタブレットで読むデメリット(注意点)

  • 持ち運びがしにくい
  • 古本がないから常に新品価格
  • タブレットの導入コストがかかる

持ち運びがしにくい

タブレットは画面が広く漫画や書籍を読むには最適ですが、その分スマホより重量があり、通勤通学や外出時の持ち運びには不便を感じることがあります。
やはりスマホと比較すると、タブレットはサイズが大きく、バッグに収まらない場合や、手に持つことによる疲労を感じることも。
普段スマホで漫画を楽しんでいる方からすると、出先ではスマホの携帯性の方が魅力的に映るかもしれません。
移動中やちょっとした休憩中にサッと取り出して読むには、スマホの方が手軽ですから出先ではスマホを使い、自宅ではタブレットを使うようにするといいでしょう。
全部タブレットに移行するのではなく、使い分けるのが大切です。

古本がないから常に新品価格

紙の書籍であれば、読み終わった後に古本屋で売ったり、中古で低価格で購入することも可能ですが、電子書籍は古本市場がないため、常に新品価格での購入となります。
そのため、費用対効果を考えた場合、紙の本よりも高い出費が続いてしまう可能性がある点は忘れてはなりません。
特にタブレットをよく使用している私のような場合、自宅では書籍をタブレットで読むことが多いため、このデメリットが身にしみて感じられます。
電子書籍は購入してすぐに読める手軽さがある一方で、紙の本のように「使い回し」はできないのが現状です。
電子書籍の方はポイントで実質安かったり古めのものが値引きされていたりします。
私はかなり古く値下がりが大きい物は古本で買い、新しい本や古本でも値下がりしていないものは電子書籍で購入しています。

タブレットの導入コストがかかる

電子書籍をタブレットで読むためには、まずタブレット自体を購入する必要があります。
タブレットは電子書籍中心の使い方で過不足ないスペックであったとしても、導入コストの負担は無視できないほどです。
さらに、タブレットを保護するケースの購入やKindle Unlimited、Audibleなどに加入したいのであれば、初期投資だけでなく継続的なコストも考慮する必要があります。
私自身も自宅ではタブレットを用いて書籍を読みますが、初めて導入した際はすでに所持しているスマホで漫画を読む手軽さと違い、導入コストで悩んだことを覚えています。
実際、このタブレット購入が電子書籍の導入のハードルを高くしていると感じる瞬間です。
しかし最近ではRedmi pad SEという電子書籍、動画視聴、ブラウジングという用途なら画面も綺麗で価格も手頃なものが発売されたのでオススメしています。
そしてタブレットの購入と同時に、電子書籍サービスの選択も重要です。

以上の各点が、タブレットで電子書籍を読む際の一部のデメリットとして挙げられます。利便性を享受するためにもこれらのデメリットをきちんと認識し、個々のライフスタイルに合わせた選択をすることが重要です。

あかたん
あかたん

タブレットはいろいろあるから、オススメ機種がわからないよね

あおたん
あおたん

動画、電子書籍、、軽めのゲームって相談されたときにはRedmi pad SEをオススメしたよ(実話)

初めてのタブレットにオススメのRedmi pad SEの実機レビュー記事はこちら
»【Xiaomi Redmi pad SE 実機レビュー】スペックと実際の使用感を徹底解説!

タブレットでの読書はメリットとデメリットの理解が大切

電子書籍をタブレットで読むことには多くのメリットがあります。
大画面での読書は漫画の見開きページを1つの画面におさめ、細かい文字も読みやすくなるでしょう。
また、暗い場所での読書が可能で、何冊もの本を一台で持ち運べる利点があります。
さらに、通知で読書の邪魔をされずに集中して読むことができ、読書以外にも使えるので動画視聴やウェブブラウジングも楽しめるのです。

しかし、デメリットも存在します。
タブレットはスマホに比べて重く大きいため、持ち運びには不便を感じることがあるでしょう。
電子書籍は新品価格で購入する必要があり、古本市場がないためにコストがかさむことも。
また、タブレット自体の導入コストも考慮する必要があります。

タブレットを使用する際は、これらのメリットとデメリットを理解し、自分のライフスタイルに合った選択をすることが大切です。
読書環境を向上させたい場合は、タブレットが提供する快適さと利便性をぜひ活用してください。

筆者である青丹の愛用タブレットのレビューはこちら
»【Xiaomi Xiaomi Pad6 実機レビュー】スペックと実際の使用感を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA