【初心者向け】Widevineを簡単に解説!デジタルコンテンツ保護技術の基本

PR

【初心者向け】Widevineを簡単に解説!デジタルコンテンツ保護技術の基本

Googleが開発したWidevineは、私たちが日常的に楽しむ音楽や動画などのデジタルコンテンツを不正使用や著作権侵害から保護するための技術です。
この技術には、異なるセキュリティレベルがあり、それぞれがコンテンツを保護する能力に応じて対応可能なデバイスやアプリが異なります。
今回は、Widevineの基本概念からセキュリティレベル、対応デバイス、利用可能なストリーミングサービスに至るまで、簡潔に解説します。

この記事のポイント

  • Widevine技術の基本的な解説。
  • L1からL3までのセキュリティレベルとその意味。
  • Widevine対応デバイスの種類。
  • 主なストリーミングサービスでのWidevineの利用。
  • Widevine技術の必要性と回避方法のリスク。

Widevineとは?

Widevineは、デジタルコンテンツのセキュリティを確保するためにGoogleによって開発された技術です。
多くのストリーミングサービスがこの技術を採用し、コンテンツの著作権保護を強化しています。
Widevineは、3つのセキュリティレベルを提供し、柔軟な設定が可能です。

Widevineのセキュリティレベルとは?

デジタルコンテンツの安全性を確保する上で、Widevineが提供するセキュリティレベルの理解は不可欠です。Widevine技術は、異なるレベルの保護機能を備えており、各レベルは特定のコンテンツ配信ニーズに対応するために設計されています。ここでは、Widevine L1、L2、L3という3つのセキュリティレベルについて、それぞれがどのような保護を提供し、どのような状況で使用されるかを解説します。

Widevine L1

L1は、4KやHDRなど高画質コンテンツの配信に対応し、最も強固な保護を提供します。
NetflixやAmazon Prime Videoなどのサービスで、高品質な視聴体験を提供するためにL1認証が必要です。

Widevine L2

L2は、一般的なSD画質のコンテンツ配信に使用され、L1ほどではないものの、十分な保護を提供します。

Widevine L3

L3は、最も基本的な保護を提供し、脆弱性があるため、不正なコピーのリスクがあります。
それでも、一般的なスマートフォンやタブレットで利用されています。

Widevineの対応デバイスとアプリ一覧

Widevineは、Androidデバイス、iOSデバイス、Windows PC、Mac、Linux、Chromebookなど、幅広いデバイスに対応しています。
Google Play、Netflix、Hulu、Disney+、Amazon Prime Video、YouTubeなどのアプリケーションで利用されています。

デバイスAndroid、iOS、
Windows、Mac、
Linux、Chromebook
アプリケーションGoogle Play、Netflix、
Hulu、Disney+、
Amazon Prime Video、
YouTube
対応デバイスとアプリ一例

Widevineを使ったストリーミングサービスの一覧

動画配信サービスNetflixAmazon Prime VideoYouTube
Widevine L1
(Netflix再生品質)
高画質再生
(HD再生)
高画質再生
(HD再生)
高画質再生
(HD再生)
Widevine L1
(DRM infoのみ)
低画質再生
(SD再生)
高画質再生
(HD再生)
高画質再生
(HD再生)
Widevine L2低画質再生
(SD再生)
低画質再生
(SD再生)
高画質再生
(HD再生)
Widevine L3低画質再生
(SD再生)
低画質再生
(SD再生)
高画質再生
(HD再生)
再生品質一例

多くのストリーミングサービスがWidevineを採用しており、視聴するコンテンツに応じて、適切なセキュリティレベルで保護が施されています。

Netflixで高画質再生を楽しむには、NetflixでWidevine L1認証を受けたデバイスが必要です。
DRM infoというアプリでもWidevineは調べられますが、DRM infoでL1となっていてもNetflixの再生品質画面ではL3の機種もあるので気をつけましょう。

NetflixでWidevine L1のデバイスについてはこちらをご参照ください。
»【2023年度版】Netflixの高画質再生ができるWidevine L1のタブレット4選【10〜11インチ】

Widevineは何故必要なの?

デジタルコンテンツの不正コピーを防ぎ、著作権を保護するためにWidevineは非常に重要です。
この技術により、コンテンツ提供者はユーザーに安全かつ快適な視聴体験を保証できます。

Widevineを回避する方法とは?

Widevineを回避する方法は存在しますが、これらは著作権法違反にあたり、重大な法的問題を引き起こす可能性があります。
したがって、Widevineのセキュリティ機能を尊重し、合法的なコンテンツ利用を心がけるべきです。

まとめ:デジタルコンテンツの未来を守るWidevineの役割

Widevineは、デジタルコンテンツの安全性を高めるために不可欠な技術です。
Googleによって開発され、世界中の多くのデバイスやストリーミングサービスで採用されています。
コンテンツの著作権を守り、ユーザーに最高の視聴体験を提供するために、Widevine技術の正しい理解と利用が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA